ろう付けなら大阪のチトセ工業 ステンレス、異種金属 歪の少ない炉中ろう付け

ろう付けとは?

  • HOME »
  • ろう付けとは?

ろう付けとは?

ろう付け (ろう付, ブレージング, brazing) とは、金属を接合する方法の一種です。
接合する母材と母材の間に母材の融点よりも低い合金 (ろう) を溶かし毛細管現象で浸透拡散させ、これを冷却・凝固することによって接合を行います。
ろう材を一種の接着剤として用いる事により、母材自体を溶融させずに接合させる工法です。
接合部の形状を工夫することによって母材以上の強度を得ることができます!

無酸化炉中ろう付けとは??(弊社のろう付け方法)

弊社の無酸化炉中連続炉

ろう付けの中にも様々な方法がありますが、当社のろう付けはトーチやガスを使用する手ろう付けではなく、無酸化炉中ろう付けです。
連続炉の中で大気と遮断する保護用のガスとして還元性ガスを用いて、雰囲気中で加熱しろう付けを行います。
そのため、雰囲気ろう付けとも呼びます。

無酸化炉中ろう付けの特長

  • 強度が高い
  • フラックスが不要のため変色がなく 焼けが出ないので美しい仕上がり
  • 全体加熱により応力が少なく歪が最小に抑えられる
  • 職人さんがいらない
  • 工程数が省ける

ろう付け製品を素材別に見る

ろう付けとはんだ付けの違い

流入させる金属の融点が450℃以上・・・「ろう」
流入させる金属の融点が450℃以下・・・「はんだ」
母材間に液体金属を流入させるという点では 「ろう付け」と「はんだ付け」は同じ現象ですが、 高温における作業性または接合部強度はろう付けが勝ります!

ろう付けの歴史

ろう付けの歴史は古く、古代エジプトのツタンカーメンの黄金マスクにも金ろう付が使われていたとか!
古くから装身具の銀ろう付けがよく知られていたため、機械技術者はなんとなくコストが高い、強度が弱いと考えろう付けの採用をためらいがちでしたが、銅ろう付けなどの発達によりコストが安くて強度が高いことが認識され、近年では機械部品製造におけるろう付けの採用が盛んとなりました。

動画で見るろう付け

ろう付けなら大阪のチトセ工業におまかせ!
あらゆる金属接合のお悩みにチトセが誇る金属接合のエキスパート集団がお答えします!
今すぐお問い合わせください!!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい! TEL 072-925-3900 受付時間 9:00~17:30 [土日祝除く]

企業情報

■ 会社名
チトセ工業株式会社
■ 所在地
〒581-0852
大阪府八尾市西高安町5丁目3番

■ 事業内容
無酸化熱処理
ろう付け加工 (ブレージング)
はんだ付け/光輝焼鈍
固溶化処理/脱磁処理
シンタリング/時効硬化処理
ISO,匠
PAGETOP
Copyright © チトセ工業株式会社 All Rights Reserved.