HOME > 会社概要沿革
代表者挨拶
沿革
アクセスマップ
ニュース & トピックス
沿革
昭和37年6月(1962) 中西由尚が大阪府東大阪市立花町(旧枚岡市額田町)にて
「宮尾工業所」を個人創業。
各種スプリングおよび綿材加工の設計・製造が主目的。
昭和38年11月(1964) チトセ工業株式会社を設立。
主に自動車計器・弱電関連機器の部品用の精密スプリング
および日本専売公社(現JT)の紙タバコ巻機用に当社が開発した
スプリングバンド(実用新案No.001152出願)を製造。
昭和41年11月(1966) 本社工場を拡張。プレス部門・金型設計制作部門を新設。
プレス機械を導入し、
テレビ・ラジオ等のチューナー・コネクター部品、
ミシン・タイプライター・計算機器等の部品製造開始。
昭和42年1月(1967) 無酸化雰囲気連続炉を新設。
ブレージング加工を開始。
UHF放送開始で需要が増えていた弱電メーカーが
当社の技術を高く評価。UHF放送用チューナーの製造方法を改良し
プレス・組立・ブレージングの一貫作業により
製品の規格統一化の促進、および品質向上を図る。
昭和44年5月(1969) UHF放送チューナーコンバーターの品質向上、生産量目標達成に寄与したとして、(株)日東電器製作所より表彰を受ける。
昭和44年8月(1969) 需要拡大に伴う機械設備の増設、新規機械の設置により
工場が手狭となったため、
大阪府東大阪市横小路町(現住所)にて、本社工場建設着手。
昭和45年1月(1970) 本社工場完成。
業務および機械部門(スプリング・プレス・金型)を移転。
この年、最新鋭100トン・トランスファープレス(近畿圏2台目)
を新設。さらに検査部門強化に向け、工具顕微鏡を導入。
品質の安定を図る。
昭和50年2月(1975) ソルダリング用低温炉を新設。
昭和52年1月(1977) ブレージング需要拡大により無酸化雰囲気連続炉を増設。
昭和55年7月(1980) 110トン・60トン自動プレス機を相次いで増設。
昭和56年5月(1981) 本社前空地に倉庫を建設。
昭和57年6月(1982) 三次元測定器導入。
昭和58年12月(1983) 大阪府東大阪市玉串町に玉串工場を新設。
無酸化雰囲気連続炉の増設が主目的。
昭和60年3月(1985) ブレージング用銅ペーストの自動塗布機を開発、
増産体制を整える。
昭和61年12月(1986) 松下電子部品株式会社より品質管理優良工場として
事業部長賞を受賞。
昭和62年10月 松下電子部品株式会社品質改善コンクールにて、努力賞を受賞。
昭和63年10月(1988) 松下電子部品株式会社品質改善コンクールにて、銅賞を受賞。
平成元年10月(1989) 本社工場拡大・統合。
生産・流通の合理化を図り、玉串工場を閉鎖・売却して
かねてより購入済の本社隣接地に工場を新・増設。
工程の合理化、環境向上を目指す。
平成2年11月(1990) 松下電子部品株式会社共栄会社合理化コンクールにて、
金賞を受賞。
松下電器産業株式会社共栄会社合理化コンクールにて、
銀賞を受賞。
平成4年4月(1992) (財)大阪金属プレス工業会より永年無災害の表彰を受ける。
平成4年11月(1992) パソコンによる生産管理システムを導入。
平成5年1月(1993) 無酸化雰囲気連続炉を増設。
炉内平面仕様により、長尺製品の加工が可能となる。
平成7年11月(1995)

松下電子部品(株)高周波部品事業部より
品質保証会社(NewQIG)に認証。
松下電子部品(株)共栄会社合理化コンクールにて、銅賞を受賞。

C・A・N(チトセ・アクティブ・ネットワークシステム)を構築。
パソコンによる生産管理システムを再開発し、
全社員参加によるシステム運用を目的に、3ヵ年計画を発足。

平成7年12月(1995) 松下部品(株)機構部品事業部より
品質保証会社(NewQIG)に認証。
平成8年10月(1997) 東大阪労働基準局・基準協会より永年無災害の表彰を受ける。
平成8年11月(1997) 160トン自動プレス機増設。
平成10年3月(1998) 松下電子部品(株)高周波部品事業部・機構部品事業部より
品質保証会社(NewQIG)に更新認証。
平成10年9月(1998) 代表取締役に中西啓文が就任。
平成14年10月(2002) ISO14004認証取得。
平成15年3月(2003) 最新鋭110トン・サーボプレス機新設。
中小企業経営革新支援法の承認。
平成15年4月(2003) ISO9001認証取得。
平成15年6月(2003) 環境を考慮し超音波洗浄装置設置を入れ替える。
平成16年10月(2004) 80トン・サーボプレス機新設。
平成19年2月(2007) 東大阪優良企業表彰を受ける。
平成20年9月(2007) パナソニックエレクトロニックデバイス株式会社 合理化コンクール銅賞
平成22年1月(2010) ISO9001-2008年度版更新
ページトップへ